In  DEMO CAR,  Moor

Customized 460 #1

By MilitiaFormula | 2017-06-25

グリルガードの取り外し

 

460のグリルガード。

プレディでの設定は463との共通のデザインですが460っぽさを追求したいので外します。

 

 

ベンツのGクラスだよね?という知らない人がみてしまうと違いはわからないかと思います。

 

さて、なかなかこれが重く、取り外しただけでフロントが軽量化します。

走り自体も変わってきますし、ゲレンデはフロントヘビーが顕著です。

 

特に置きっ放しで放置に近いゲレンデではこの重さがたたり、整備費用が嵩みます。

 

そう、そのまま置いておくだけで寿命が縮んでしまうパーツがあり、構成する部分もどんどん連鎖反応で壊れるという…

(ちなみにこの個体では既にそれが起こっていました。)

普通に乗れて普通に走れる個体でないと整備費用はあれもこれも交換しないといけない状態にはまっており。

抜け出すのに時間と費用がかかるのみです。

 

 

それでは専用工具でサクッと取り外し。

 

 

 

良いですね。

 

”今”の気分はガードなしですね。

 

 

問題がこの錆びたボルトヘッド。

 

バーナーで炙る前に取れましたが中々苦労しました。

 

この退色した雰囲気も独特ですが…コツコツ変更していきたいです。